再生可能な資源の分別方法

リサイクルする意識を持とう

資源の分別方法

毎週燃えるゴミや燃えないゴミなどを出す決まりになっている地域が多いと思います。 決められた日に出さないと、回収してもらえないので気をつけてください。 燃えるゴミの日は、1週間に2回出す決まりになっている地域があります。 分別して出すことで、リサイクルできます。

缶を種類ごとに分けよう

生活を普通に送っていれば、ゴミが生まれます。
ゴミは捨てなければいけませんが、中には繰り返し使うことができる種類があります。
再生可能な資源は、どんどんリサイクルに出してください。
リサイクルすることによって、ゴミの量を減らせます。
ゴミを処理する時は、燃やさなくてはいけません。
その時にダイオキシンなど、有害な物質がたくさん生まれます。
人間にも悪影響を与えるので、リサイクルすることは環境以外に人間の健康を守ることにも繋がります。

これまではリサイクルを意識していなかったので、全てまとめてゴミに出していた人が多いでしょう。
ですがこれからは、それぞれの種類ごとに分別してください。
細かく分別しなくてはいけないので、慣れないうちは時間がかかって面倒に感じるかもしれません。
しかし、リサイクルはとても重要なことなのでみんなが意識することが重要です。
リサイクルすることによって、資源の無駄を減らせます。

資源は無限にある訳ではありません。
使いすぎると、いずれなくなってしまいます。
そうなったら人間は生きることができなくなるので、未来を守るためにリサイクル活動に貢献してください。
正しい分別方法を知って、実践してください。
早い段階から実践することで、地球環境を守れます。
リサイクルした資源が、どのような存在に生まれ変わるのかも調べてみましょう。
これまで何気なく使っていた製品が、実はリサイクルしたものだったかもしれません。

カンやビンを出そう

家庭で、カンやビンのゴミが出ると思います。 それらは燃えるゴミにも、燃えないゴミにも含まれません。 カンとビンを回収する日が決まっているので、必ずその日に出してください。 自分ではきちんと分別したつもりになっていても、間違えている可能性があります。

他のゴミを出してみよう

ペットボトルや新聞紙など、家庭ではたくさんのゴミが出てきます。 それぞれによって分別する方法が変わるので、調べたことがない人は1回調べた方が良いです。 すると、これまで知らなかったことが分かるかもしれません。 1回正しい分別方法を知れば、一生使えます。