リサイクルする意識を持とう

資源の分別方法

毎週出せるもの

毎週出せるゴミの種類があります。
それは決められた日に収集場所に持って行くことで、ゴミ収集車が運んでいってくれます。
燃えるゴミ、燃えないゴミ、プラスチック、さらにカンやビンなどがそれに含まれます。
地域によって回収できる日が異なっているので、必ず確認してください。

ゴミを捨てる時は、種類を確認しなくてはいけません。
燃えるゴミだと思っても、実は燃えないごみの含まれる可能性があります。
また雑誌や新聞紙は燃えますが、それらは別の日に回収する決まりになっている地域が多いです。
細かく調べることで、間違えないで分別します。
自分勝手にゴミを出さないようにしてください。
地域で決められた日を守って、リサイクルに貢献しましょう。

自分が持っていくもの

スーパーに行くと、牛乳パックやプラスチック容器を回収しているボックスを見かけることがあると思います。
それらは、地域で回収してくれるものではありません。
自分で分別して、ボックスに持ってかないといけません。
牛乳パックは、リサイクルすることによってトイレットペーパーなどの紙製品に生まれ変わることができます。

紙を作るためには、たくさんの木を伐採しています。
分別するだけで、森林を守ることに繋がります。
分別する時は、きちんと洗ってからリサイクルボックスに持って行きましょう。
どこのスーパーでもリサイクルボックスが置いてあるので、買い物に行ったついでに出すことができます。
積極的に出して、資源を再利用しましょう。


この記事をシェアする