リサイクルする意識を持とう

カンやビンを出そう

正しくカンを出そう

カンを出す時は、プルタブに注意して下さい。
本体とプルタブを、分けて処理する仕組みになっている地域があります。
また捨てる時は、小さくした方が良いです。
簡単に小さくまとめることができるので、捨てる時に意識してください。
カンを再利用することによって、自動車の部品や鉄に生まれ変わることができます。

資源が無くなると、身の回りの便利なものを作り出すことができなくなります。
これからも便利に生きていくために、再利用できる資源正しく分別しましょう。
カンは、アルミとスチールの2種類があります。
地域によっては、それも自分で分別しなければいけない場合があるので確かめてください。
どちらの素材なのか、本体に表記されています。

ビンの出し方

ビンは、割れる可能性がある危険なものです。
ゴミに出す時は、慎重に扱ってください。
燃えるゴミやプラスチックは袋に入れて出す決まりになっている地域が多いですが、ビンは袋に入れると中で割れるかもしれません。
ですから袋は使わないで、箱に入れる決まりになっています。
いちいち箱に入れるのは面倒ですが、袋に入れて割れたら作業員が怪我をするかもしれないので危険です。

安全性を守るために、正しいビンの出し方を知ってください。
ビンはリサイクルすると断熱材などに生まれ変わります。
生活になくてはならないものですから、きちんと分別してください。
分別が面倒だからと言って、内緒で燃えないゴミに出すなどの行為は絶対にしないでください。


この記事をシェアする